Travel Turkey-トルコ旅行は、トルコ国内すべての旅行をサポート。トルコホテル予約、カッパドキア現地ツアー、イスタンブールツアー、格安トルコツアー。どのツアーも日本語ガイドが含む

トラベルトルコ、カッパドキアツアー、イスタンブールツアー、エフェスツアー、パムカレツアー、バルーンツアー。

トルコ旅行、カッパドキア、イスタンブール、エフェウ、トルコのホテル、気球ツアー予約、プライベートツアー、個人旅行
     
   ヒッタイト時代

ルコについて

オプショナル ツアー

パッケージツアー

スペシャルツアー

他のトラベルサービス

                お問合せ

メール
:
info@travelturkey.jp
電話  : +90 384 341 7077
Fax     : +90 384 341 7078

YAVER TURIZM HAVACILIK
REKLAM TICARET LTD. STI.
Istiklal Cad. Hamam Sok. 9
50400 Cappadocia - TURKEY
 

旅行代金の予約金支払フォーム


Click For English
Page

Copyright(C) Since 2004
Yaver Travel Turkey Ltd.
 

 このホームページに掲載されている文書、写真、ロゴを含むあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。

 

 
   ヒッタイト時代 (BC17〜12世紀)
 
ヒッタイトはインド・ヨーロッパ語族のヒッタイト語を話した一派で、アナトリア半島王国を築いた民族ハッティハッティの英語名。首都はハットゥシャ(ボアズキョイ遺跡)。
ヒッタイト人は黒海を渡って来た北方系民族といわれてきた。近年、逆の説があり、それによるとインド・ヨーロッパ語族は、この地域アナトリアを故郷として広がって行ったされる。
紀元前1680年頃に王国を建国し、後にメソポタミアなどを征服した。
最初に鉄を使い始めたことで知られる。鉄の製法はヒッタイトが滅びるまでは秘密にされた。
紀元前1190年に、民族分類が不明の「海の民海の民」によって滅ぼされたらしい。

歴史
紀元前2000年頃、ヒッタイト人、アナトリアに侵入。
紀元前1680年頃、ヒッタイト古王国の成立。
紀元前1450年頃、ヒッタイト新王国の成立。
紀元前1530年頃、メソポタミアメソポタミアの古バビロニア帝国バビロニア帝国を滅ぼす。
バビロニアを滅ぼした後、シュッピルリウマはミタンニミタンニを滅ぼす。
この時、前線に出たのは、第三皇子と、第四皇子であった。
ミタンニは不意を突かれるかたちとなり、あっけなく滅ぼされた。しかし、ムルシリ2世の即位後、復興を許された。

紀元前1285年に、古代エジプト古代エジプトとシリアシリアのカデシュカデシュで衝突。
ラムセス2世ラムセス2世のエジプトを撃退する。
ラムセス2世は、勝利の記録をルクソールなどの神殿に刻んでいるが、実際にはシリアはヒッタイトが支配を続けた。
(カデシュの戦いカデシュの戦い)紀元前1190年頃に滅びる。民族分類が不明の「海の民海の民」によって滅ぼされた。滅びたあと、東南アナトリアに移動し紀元前8世紀紀元前8世紀頃まで、新ヒッタイト帝国として活動した。
 

 
 

ヒッタイト時代の重要な見所

ー Hattushas (Corum) *
ー Cappadocia (Nevsehir) *
ー Alacahoyuk (Corum)
ー Karatepe-Aslantas (Adana)
ー Aslantepe (Malatya)
ー Carchemish (Gaziantep)

* 世界遺産

 

 

ヒッタイト歴代王名表


(古王9q!K

タバルナ王 即位 ( BC1680〜 BC1650 )
首都を最初クッシャルに、中部アナトリアにヒッタイト王国を建国
ハットゥシリ1世 ( BC1650 〜 BC1620 ) 首都をハットゥシャに遷都
ムルシリ1世   ( BC1620 〜 BC1590 ) バビロニアに遠征 ムルシリ1世は王族に暗殺されます。この後ツィダンタ1世即位まで政権争いが起こります
ツィダンタ王 ( BC1560 〜 BC1550 )
アンムナ王 ( BC1550 〜 BC1530 )
フッツィヤ王 ( BC1530 〜 BC1525 )
テリピヌ王  ( BC1525 〜 BC1500 )
王位継承法を制定 再建を行う

(ヒッタイト中王国)
アルワムナ王  ( BC1500 〜 BC1490 )
ハンティリ2世  ( BC1490 〜 BC1480)
ツィダンタ2世  ( BC1480 〜 BC1470 )
フッツィヤ2世  ( BC1470 〜 BC1460 )

(ヒッタイト新王国)
ツゥトハリヤ2世 ( BC1460 〜 BC1440 >) ツゥトハリヤ2世はフルリ系とも・・・
アルヌワンダ1世 ( BC1440 〜 BC1420 )
トゥトハリヤ3世  ( BC1420 〜 BC1400 )
アルヌワンダ王の息子さんだそうです。
ハットゥシリ2世  ( BC1400 〜 BC1380 )
トゥトハリヤ3世の兄弟だそうですと言うことはアルヌワンダ王の息子です
スッピルリウマ1世 ( BC1380〜 BC1346 )
ハットゥシャに防壁を建設 メソポタミア北部を占領 暴れまくるカッシュ王国と国交を結ぶ 疫病で死亡
アルヌワンダ2世 ( BC1346 〜 BC1345 )
ムルシリ2世    ( BC1344 〜 BC1315 )
ムワタリ王     ( BC1315 〜 BC1282 )
カデシュでラムセス2世と戦い 引き分けに!?
ムルシリ3世   ( BC1282 〜 BC1275 )
ハットゥシリ3世   ( BC1275 〜 BC1250 )
バビロニア、エジプトと攻守同盟締結 ラムセス2世に王女プレゼント
トゥトハリヤ4世  ( BC1250 〜 BC1220 )
葬儀改革を断行・・・ってなにしたんだろ
アルヌワンダ3世 ( BC1220 〜 BC1215 )
アルザワ併合 でも東西から攻められてやばやば状態に
スッピルリウマ2世( BC1215 〜 BC1200 )滅亡・・・