Travel Turkey-トルコ旅行は、トルコ国内すべての旅行をサポート。トルコホテル予約、カッパドキア現地ツアー、イスタンブールツアー、格安トルコツアー。どのツアーも日本語ガイドが含む

     
   ビザンチン時代

ルコについて

オプショナル ツアー

パッケージツアー

スペシャルツアー

他のトラベルサービス

                お問合せ

メール
:
info@travelturkey.jp
電話  : +90 384 341 7077
Fax     : +90 384 341 7078

YAVER TURIZM HAVACILIK
REKLAM TICARET LTD. STI.
Istiklal Cad. Hamam Sok. 9
50400 Cappadocia - TURKEY
 

旅行代金の予約金支払フォーム


Click For English
Page


Copyright(C) Since 2004
Yaver Travel Turkey Ltd.
 

 このホームページに掲載されている文書、写真、ロゴを含むあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。

 

 

 
   ビザンティン ( 395 〜 1453 )
 
     「ビザンティン」という名前は、黒海とエーゲ海を結ぶきわめて重要な水路、ボスポラス海峡に面する古代都市「ビザンティウム」に由来する。ローマ帝国のコンスタンティヌスT世が 世紀にこの都市をコンスタンティノープルと改名し、帝国のもう1つの首都にした。コンスタンティノープルを首都とする東ローマ帝国は、ペルシア人、アラブ人、トルコ人による東方からの侵略からヨーロッパを守り抜き、西ローマ帝国より 年も長く存続した。ビザンティンが長い間攻め落とされなかったのは、城壁で囲まれたコンスタンティノープルの防御が万全であり、海上からの物資の補給が可能であったためである。
最盛期を迎えた 世紀には、ビザンティンは、イベリア半島現在のスペインとポルトガル、ガリア 現在のフランス、ブリテンを除いた元のローマ帝国の全領土を保持していた。また、これに加えて、シリア、エジプト、パレスチナも占領していたが、この地域は 世紀の半ばまでにアラブ人に奪われた。
さらにロンバルドやフランクに地中海北部を奪われ、以後の帝国の領土の大部分は、バルカン半島と現在のトルコを残すのみとなった。

ビザンティンの最初の偉大な皇帝は、ユスティニアヌスT世(483頃〜565)であった。ユスティニアヌスはかつてのローマ帝国を復活させるという野望を抱き、それはほぼ達成された。彼の右腕となったのは、その時代の最も偉大な将軍と言われたベリサリウスである。ベリサリウスは、東ではペルシア人、北アフリカではバンダル族、イタリアでは東ゴート族、バルカン半島ではブルガリア人とスラブ人をすべて打ち破り、帝国の四方を守る要となった。ユスティニアヌスは、軍事活動に加えて、法制度と行政制度を確立し、キリスト教会を擁護することによって将来への基盤を固めた。

コンスタンティノープルはアジア、ヨーロッパ、黒海、エーゲ海を結ぶ交易ルート上の理想的な場所に位置していたため、ビザンティン帝国は何世紀にもわたってヨーロッパ随一の繁栄を謳歌した。
コンスタンティノープルは、中国を起点とするシルクロードの重要な終着点であった。
ビザンティンの主要金貨、ノミズマは、800 年間にわたって地中海全域の本位貨幣として流通した。
コンスタンティノープルの立地は戦略的にあまりにも恵まれていたため、ついにはイタリア都市国家の妬みと敵意を買うこととなった。

ビザンティン帝国が隆盛をきわめた理由の1つには、ローマ、ギリシア、ゴート、中東での戦争経験から学びとったノウハウを集めて運営していた、優れた軍隊の存在がある。軍隊の中核は、重装騎兵からなる突撃部隊であった。部隊は、軽装歩兵隊 射手と重装歩兵隊甲冑をつけた剣士)の支援を受けた。
軍隊は軍管区制 (テマ制) と呼ばれる複数のユニットに編成され、それぞれ戦術と機動作戦の演習を行った。将校は軍事的な歴史と理論の教育を受けた。ビザンティン軍は、ほとんどの場合数のうえで劣っていたが、優れた戦術と統制のとれた行動によって、訓練を受けていない敵側戦士の大群を圧倒した。軍隊は、スパイと諜報員のネットワークを縦横に張り巡らし、軍事活動の助けとした。
スパイと諜報員は、敵の作戦に関する情報をもたらし、また攻撃者を賄賂で手なずけたり、攻撃の矛先をそらしたりして貢献した。

ビザンティン海軍のおかげで、交易船は海上交通路を自由に往来できた。また、包囲戦を仕掛けられたときも補給路を確保できたため、兵糧攻めで降伏させられることもなかった。8世紀には、アラブ人が陸、海の両方から激しく攻めてきたが、そのほとんどを秘密兵器のギリシア火によって撃退した。
化学薬品を調合して作られるこの火薬の成分は今では不明であるが、ホースからまき散らして使用する一種の液体ナパームのようなものであったようである。アラブ海軍はこのギリシア火によって海上で徹底的に打ちのめされた。

7世紀から8世紀にかけて、アラブ人はエジプト、中東、北アフリカ、スペインを蹂躙し、ビザンティンはこれらの地域の支配権を永久に失った。1071年のマンジケルトの戦いでビザンティンはトルコに敗れ、帝国の穀物、家畜、馬、兵士を供給していた小アジアは荒廃した。
1204 年、ベネチアのドージェが率いる十字軍は、裏切りを利用してコンスタンティノープルの城塞を突破し、占領した。

14世紀、トルコ人はヨーロッパを侵略し、コンスタンティノープルを迂回してアドリアノープルを占領した。トルコ人は大挙してバルカン半島に定住し、1396年にはニコポリスで大規模な十字軍の軍隊を撃破した。1453年5月、トルコのスルタン、メフメトU世は、重砲を使って防御が弱体化したコンスタンティノープルを占拠した。コンスタンティノープルの陥落により、ビザンティン帝国の終焉は決定的なものとなった。


 

ビザンティン時代の重要な見所

ー Sultanahmet (Istanbul) *
ー Cappadocia (Nevsehir) *
ー St. John Basilika (Selcuk-Izmir)
ー Myra (Demre-Antalya)
ー Sumela Monastery (Trabzon)
ー Hagia Sophia (Istanbul) *
ー Iznik (Bursa)

* 世界遺産